ホットペッパー グルメ
個室・夜景のお店

★ 額面と単位 ★

 株券1枚は「50円額面」「500円額面」といって,もともとは1枚50円・500円で買えるはずなのに,そんな値段の株はほとんど見当たらないのはなぜでしょうか?(あったとしても倒産しそうな会社でしょう。)

 これは詳しく話すと複雑なので,単純に「プレミアがついた」とでも思ってください。

 最近流行のネットオークションにたとえれば,将来性のある会社が発行した"50円券"をオークションにかけた時,その券には大勢の人が欲しがって自然と値段は上がっていくでしょう。
 逆に人気のない株券は、50円の価値すらなくなり(これを"額面われ"と呼ぶ),10円とか,1円とか,最後は誰にも相手にされずただの紙切れになってしまうことも。

 このように株の値段はその会社の価値で決まるのでいつも変動しています。

 また,株を取引できる単位は会社によって異なり、100株や1000株という単位が主流です。
 コンビニに行って350mlの缶ジュースを"50mlだけください"というわけにはいかないのです。決められた株数があります。もちろん「1株」単位で売っている会社もあります。

 また,「ミニ株」と呼ばれる,通常の10分の1の株数でも取引できるシステムもありますが,それは別ページで説明します。

←BACK
(C)KabuDebut
by ABC-K.jp