無料SNS GREE!
会員数2300万人のSNS

★夏バテ★

 「ダルい」「疲れやすい」「食欲がない」は夏バテの主症状。
 夏バテとは、体が夏の暑さに対応しようと無理をすることが原因。冷房→屋外という温度差が 繰り返されることによって自律神経に負担を与え、体にダメージを与えます。
 ひどくなると冷や汗、めまい、頭痛もを引き起こします。夏だから仕方ないとあきらめないで、 しっかり予防策をとりましょう。

【予防&対策】

@クーラーは28度に
 効きすぎている冷房はかえって体に負担与えます。
 温度調節ができない環境の場合は、膝かけや、ストール等で冷え対策を。


A胃腸のリズムを整える
 食欲がないからと食べないのはかえって胃腸のリズムを壊します。 量が取れなくても朝・昼・夜、時間になったら胃に何か入れて、 胃腸を動かしましょう。

B睡眠が一番!
 暑さで睡眠が妨げられやすいので、睡眠不足になりがち。
 @に習ってクーラーや扇風機を上手に利用しましょう。体に冷風が直接あたらないように、 風向は上に向けるようにしましょう。(冷気は重いので下に下りてきます。)
 寝ると体温が下がるので寝る時に"少々暑め"という温度が丁度イイです。


C湯ぶねにつかる
 暑いからといってシャワーだけだと体の疲れは取れません。
 ぬるめのお風呂につかりましょう。快適な睡眠を与えてくれるでしょう。 リラックス効果のある(フローラル系 等)入浴剤を入れるのもオススメです。


D飲み物に注意!
 暑い時に冷たい飲み物はおいしいですが、 冷えた飲み物を一気に飲むと、胃液が薄まり消化能力も落ちてしまいます。
 ほどほどに冷えたものか温かい飲み物をゆっくり飲むようにしましょう。


E栄養補給
 ビタミンB1が不足すると疲れの原因に。B1が豊富な豚肉をシッカリ摂りましょう。 ニンニクと一緒に食べれば体への吸収力を高めます。
 ビタミンCは冷房のストレスから体を守るってくれます。キウイなら1個で1日に必要な ビタミンCを補えます。


F適度な運動
 暑さで動く気はしないのはもっともなのですが、適度な運動を。 夏ですから、プールが一番オススメです。 部屋の中ででもいいので軽い運動をしましょう。

←戻る
(C)SHIBUYA-119
by ABC-K.jp