ゲーム・デコメ・占い
いろいろ遊べる

☆クレンジングの選び方☆

 きちんと毎日,メイク落としてますか?

 メイクして1日過ごした後は,メイクや皮脂や老廃物によって,肌が呼吸できなくなった状態に…。
 汚れは皮膚を刺激して,肌トラブルの原因になってしまいます。
 眠くても,面倒でも頑張ってメイクをおとして美肌をキープしましょう。

 それぞれのクレンジング剤の特徴を知り,自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。


【クレンジング剤の種類】

@オイルタイプ
・洗浄力:強め
・皮脂が多くでる季節,バッチリメイクの人,脂性肌の人にオススメ。
・カンタンによく落ちることから,人気のクレンジング剤
・多くの界面活性剤が入っていて,肌への負担が大

Aミルクタイプ
・洗浄力:弱め
・刺激が少なく,乾燥しにくい
・敏感肌・乾燥肌向き
・クリームタイプと似ているが,ミルクタイプの方が水分が多く,使用感もマイルド
・水分が多いためファンデと馴染ませるのに時間がかかる
・ただし,クリームタイプは,水とオイルを無理やり混ぜているため,オイルタイプ同様,界面活性剤が多く使われている。

Bジェルタイプ
・洗浄力:弱め
・アルコールフリーなら,刺激が少なく,乾燥しにくい
・敏感肌・乾燥肌向き
・落ちにくいので,こすってしまいがち

Cシートタイプ
・洗浄力:やや強め
・こすることで肌を痛める事がある
・アルコールや防カビ剤が含まれているので,刺激は最も強い
・毎日使うには不向き。旅行の時などは手軽

※「界面活性剤」:水と油を混ぜ合わせるための薬で,タンパク質を壊す性質を持っています。


【まとめ】

 人気のオイルタイプは,オイリー肌の方や,夏場の利用に向いています。

 でも,乾燥肌・敏感肌の方や,冬場に肌が乾燥する場合はオススメできません。
 ジェルタイプ・ミルクタイプが無難です。

 マスカラなどの落ちにくい箇所は,専用のリムーバーを使って事前に落としておくことをオススメします。
 せっかく,ミルク・ジェルタイプに変えても,ゴシゴシこすってしまっては逆効果だからです。

 洗浄力の弱さから,ヌルつきが気になる場合は,洗顔料との相性も考えてみると良いと思います。

 お肌に合ったクレンジング剤を選んで,スッピン美人を目指しましょう!!


【関 連】
正しいクレンジング

←戻る
(C)SHIBUYA-119
by ABC-K.jp